by

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソラユキ
Posted byソラユキ
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

さて、前回の育児記事で無事の出産を果たした林家の次男ですが、
樹季(いつき)と命名され、今のところすくすく育ってます。


退院時には完母でいける、と看護師さんが言ってくれましたが、歩樹の時の教訓から無理しないでミルクを足したいときは足したりしてますが、(母はつらいよ!参照)

ミルクを足そうが足すまいが、彼は夜はすんなり寝ないみたいです( ;∀;)
ちょいちょい真夜中に家族全員叩き起こす、という事をやってのけてます。

あ~あ、赤ちゃんってこうだった、という甦るツラい記憶の数々…
面白いくらい出産するまで忘れてた(笑)
産みの痛みもそうだけど、忘れてるからもう一回出来るって事あるんだろうなぁ~(´ 3`)

そんでもって今回は2回目です。
何が違うって歩樹がいる事。
赤ちゃん育児は多少つらくても免疫がありますが、上の子がいる中での産褥期は初めてだった❗

歩樹は発達がゆっくり目のいわゆるボーダーさんです。
発達の面で色々気になるところも沢山ありますが、その中のひとつに聴覚過敏があります。
大きな音や子どもの騒ぎ声が苦手。
怒られそう、注意されそうな時は耳を塞ぎます。
そんな歩樹がもっとも苦手な音が赤ちゃんの泣き声(´д`|||)
樹季の場合も例に漏れず、退院していざ一緒の生活が始まると樹季が泣くたびに泣き声をかき消そうとするかのごとく耳を塞ぎ大きな声で叫ぶ。
いくら樹季がいきなりきた宇宙人のようでも、存在自体を否定するかのような歩樹の大声に私自身がイラッとしてその都度怒ってばかりいました。


でも、ある時いつものように樹季の泣き声にあわせて大声をあげる歩樹を叱った後、歩樹が自分の頭をペンッて自分で叩いていたんです!
それを見た時私は頭がガーンとなりました。
私が注意をするからいけないって分かっているけど、落ち着くために耳を塞いで大声を出さなければならない歩樹の気持ちを私は全然分かってなかった、
って。


聴覚過敏の子の音の聞こえ方は私達とは全然違うみたいです。
耳元で大音量で嫌いな音が聞こえているかのような、そんな世界との事。
大人だって生まれたばかりの赤ちゃんとの生活がつかめなくて試行錯誤してるのに、今まで赤ちゃんの泣き声がある生活をしていなかった歩樹にとっては樹季との生活はまだ不安でしかないのです。
そんな中、何とか自分でバランスを取ろうとしている歩樹がいじらしくて、
切なくて!
そう、二人目育児は何かと切ない❗


とりあえず旦那くんと話しをして、歩樹のケアのために、樹季が泣いたらどっちかが歩樹に関わる事、授乳するにも抱っこするにも、まず歩樹に話しをしてから行う、という風にしました。
すると、あ~ら不思議(笑)
今度は樹季がかわいそうなってきたりして、自分のジェットコースター並の感情にびっくり😱☀
さすが産褥期…
ホルモンの影響ハンパない(笑)


樹季が、歩樹にも飼い猫ラージャにも受け入れられてない事がかわいそうと思ったり、歩樹は歩樹で、両親が気を使ってるにも関わらず見事な赤ちゃん返り❗
樹季のクーハンの中に入ってみたり、
トイレやお風呂を拒否してみたり、
大きな声を出してラージャを追いかけてみたり、
とにかく怒られる事ばかりやってみせる。
分かっていてもイライラしてしまい、後から反省…という事も多い。


夜中の授乳中、樹季がなかなか寝なくて、泣き出して、歩樹も泣いて起きてしまい、ラージャもバタバタし出すと、旦那くんと二人、途方に暮れてしまう事も。
みんな樹季を入れた家族の形に慣れなくてどうしたらいいか分からないながらも日々を過ごしている状態、それが今です( ;∀;)


おかしいな、二人目って肉体的にはおいておいて、気持ち的には楽だと思ってた⤵⤵
甘かった(´д`|||)


いつになったらこの家族の形に慣れていくんだろう、
って長い長いトンネルの中にいる心境ですが、
少しずつ変わってきた事も。



歩樹が『赤ちゃん』ではなく『いつきくん』って呼ぶようになった事。
樹季のオムツ換えの時にオムツを持ってきてくれるようになった事。
泣き声はまだ苦手みたいだけど、耳塞ぎが減ってきた事。
寝ている樹季の頭を撫でている事も増えました。
ラージャも、樹季のにおいを覚えたみたいで側にいても警戒しなくなってきました。
まだまだ、「樹季が泣いたら抱っこしていい?」って聞くと、
「あゆきも泣くからね!いいですか?」
って思わず笑ってしまいそうになるような事も言うけれど、少しずつ家族になっていると思いたい。

私達が歩樹の誕生を境に夫婦から家族になっていったように、
樹季を含めての日々をこんな風に悩んだり、泣いたり、笑ったり、みんなであたふたしながら過ごしていく中で3人と1匹から4人と1匹の家族になっていけたらいいな、と思うのです。





ソラユキ
Posted byソラユキ

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。