FC2ブログ
by

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソラユキ
Posted byソラユキ
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

沖縄3日目!連日いいお天気に恵まれ、一日の始まりからハッピーな気持ちで過ごせました☆

歩樹は完全復活と言っても良いくらい元気。

旅行中でもほとんど生活リズムが崩れない歩樹は毎朝6時半前後には起床。

朝食前の散歩はもはやアリビラでの日課。

CSC_0681.jpg

アリビラはどこ歩いても絵になります♪

CSC_0682.jpg

グローリー教会の前のお庭はなだらかな山があって、歩樹のお気に入りコースでした。

CSC_0683.jpg

モチロン、私たち夫婦が結婚式を挙げたクリスティア教会の前も素敵~♡

DSC_0651.jpg

とにかく歩ける場所がたくさんで、朝食前の腹ごなしにも、朝食後の軽い運動にもピッタリでした。

ちなみに3日間の朝食は紅芋ジャムが絶品のベルデマーレ2で回とぬちぐすい定食が身体に嬉しかった佐和で1回いただきました☆





そんな訳(?)で歩樹、絶好調の3日目は少し遠出して本部半島まで。

美ら海水族館が有名ですが、一番の目的は備瀬のフクギ並木で歩樹とお散歩すること。

備瀬も3年前の沖縄滞在で1泊して、夫婦揃って好きになった場所のひとつ。

なんとなく故郷の島に似ている感じがするんです。

海からの風とフクギの木陰のお蔭で暑いんだけど時々ふっと風が通る。

車もほとんど通らないし、アスファルトと違って照り返しもないので歩樹も歩きやすい。

ただあちこちに路地があって行ってみたくなるので、歩樹の行きたいペースに合わせていたらまったく進みませんでした(笑)

路地を抜けるとサトウキビ畑があったりして沖縄らしい風景に出会うことも!

DSC_0593.jpg


歩樹も思う存分身体を動かすことが出来ましたよ~

CSC_0639.jpg

旅の恥はかき捨て的に家族でお揃いTシャツ!痛い…!でも楽しかったからいい!(笑)

たっぷりお散歩した後は海の見えるカフェ、 CAHAYA BULANでランチ。

ゆったりとしたソファー席からはエメラルドグリーンの海が見える素敵カフェ!12時のオープンとともにすぐに満席になってしまった人気店のようですが、それも頷ける眺望。

食後のコーヒーまでしっかり頂いてのんびりした後は、再びフクギ並木へ。

午後の歩樹のお昼寝前に水牛車に乗るのだ!

以前一人旅で行った西表島でしか乗れないと思っていた水牛車ですが、けっこう沖縄本島でも乗れるようです。

備瀬の水牛車は4人まで2000円。フクギ並木を15分程の行程で回ってくれます。

CSC_0641.jpg

フクギ並木だからふくちゃん?

ちなみにこの子を含めて3頭の牛さんがいて交代で回ってくれているようです。

のんびり水牛車に揺られてお昼寝してもいいつもりで乗ったのですが、

歩樹、水牛のおしりに夢中(笑)

DSC_0626.jpg

触りたいのか後ろから狙っています。まったく寝る気配なし!

午後の陽ざしがキツイので終始サングラスの旦那君と撮ると…

DSC_0633.jpg

♪あ~る晴れた、ひ~る下がり、い~ち場~へ続~く道~♪

あっという間にドナドナの世界に!!!

旦那君、怪しすぎる…


水牛のおしりを狙う歩樹とドナドナを歌う旦那君との15分程の旅路。最後には歩樹の望みを叶えるべく水牛に触らせてもらいましたが、歩樹泣くどころかニヤリ。

お返しに水牛がベロンとなめてもやっぱりニヤリ。

未だかつて大きい動物で泣いた試しがありません。


大満足の水牛車の後は美ら海水族館へ行こうかと思っていたのですが、歩樹のお昼寝時間確保のためと、まだ十分楽しめない年齢のため、美ら海は次回への楽しみにすることにしました☆

歩樹が寝ている間にホテルに戻り、お昼寝後は夕方の海へ。

海に沈む夕日はやっぱり最高です。


夕日を見ると、一日しっかり生きた気がする。何でだろう…

DSC_0644.jpg

海遊びのあとは沖縄最後の夕食を沖縄居酒屋で食べようと繰り出したのですが、これがまた、歩樹まったく落ち着かず!

ささ~っと食べるだけ食べて、飲むだけ飲んで出てきましたが、

居酒屋のお兄ちゃんの対応の優しいこと!

赤ちゃんせんべいを持ってきてくれたり、ノンタンのビデオを付けますか?と聞いてくれたり、

うまく言えないけど、小さい子からお年寄りまで色んな人と接することが暮らしている中で普通にあるんだろうなぁ、という接し方だった。

東京にいると若者世代、子育て世代、など色々カテゴライズされている感じがする時があるんだけど(子連れはここで遊んでね~、みたいなやんわりとした棲み分け的な)

沖縄は子だくさん県なだけあって、子どもは見慣れている分接し方もあくまで普通。

いい意味でほっとかれている感じがして居心地がよく感じた。

あと、マニュアルじゃなくて本人が接している感じがしたんだよな~。たまたま?

やっぱり海とか山とか人の力の及ばないものがそばにある方が人が人らしい感じがするのかな?

人が作ったものだけの場所で暮らしていると人が一番っていう気持ちになってしまいそう。

そんな事をウダウダ考えてしまいました。

今回、子どもとの旅行だったので色々アクティブに動こうとしない分、ひとつのところをじっくりゆっくり楽しむことが出来るなぁとも感じました。


ゆっくりと過ごすことで発見することもあったし、考えたりできるのも面白かった。

同じ場所へ行っても時間やメンバーやその時の状況が違うだけで違う角度から見ることが出来るのも旅の面白さのひとつですね。


今度沖縄を訪れるときはどんな発見があるのかな?と楽しみにしつつ、旅の最後の夜は更けていきました。

沖縄最終日は最後までプールに入ろうとした歩樹の思いを汲んで、チェックアウトの前に海遊びを楽しみ、

DSC_0669.jpg

沖縄の海に感謝しつつ、ギリギリまで遊び倒しました。

毎回また来たいな~、と思わせるのが沖縄の魅力。今度来るときはもう少しお兄ちゃんになった歩樹と色んなところを見て歩きたいな。

迷った末の家族旅行でしたが、とっても良い思い出になりました!

ありがとう、沖縄。

また来ます。

CSC_0684.jpg


ソラユキ
Posted byソラユキ

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。