FC2ブログ
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

ハイタイexclamation ×2(←すっかり沖縄病)
昨日沖縄から東京に帰って参りましたexclamation
東京寒いexclamation ×2exclamation ×2(笑)そして天気悪…泣き顔あせあせ(飛び散る汗)


今回は結婚式のために大型連休を頂き、帰ってきてもまだお休み中です。
スミマセンたらーっ(汗)

そう、私、入籍1年目の記念すべき日に沖縄で結婚式を挙げて参りました~目がハートチャペルチャペルハート達(複数ハート)

呟きをご覧の皆さまは知ってるよ!ていうかシツコイよ!!!とお思いでしょうが、毎回の旅日記の定番となっているので、自分の記録用に書く。
そしてマイミクの皆さまもなぜか、結婚式レポが少なく、自分自身は淋しいので、需要があろうがなかろうが、今後挙げる人の参考のためにも書きます。
(私は今回の結婚準備の際にみんなどんな感じで準備るのか分からず、非常に困ったので!)
もう結婚式ネタはいいよ!おなかイッパイ!という方はこの時点でリターンプリーズ。読んでからの苦情は受け付けませんヨ!

では、沖縄4泊5日、結婚式の旅の振り返り~グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)











8月末日。
最終の仕事を27日の土曜日で終え、エステにネイルと最後の悪あがきもとい、自分磨きに命をかけつつ、毎日気象庁のHPと睨めっこの日々。。。
そう、この数日沖縄地方を全て雨マークにしていた台風11号、アジア名ナンマドル(通称ナンちゃん)が西へと反れはじめていたんですねぇ!
どうやら西へ向かいそうだということが判明したのにもかかわらず、1日が雨マークが消えないことに少々ガッカリしながら、私達の旅はスタートしました。

31日。午前。羽田空港で旦那くんの両親と合流。
先に沖縄へ向かっている私の両親や妹たちの後を追います。
羽田では沖縄の式場スタッフへの手土産選び。
義理の両親はうちの両親への手土産選び。(うちはそういうの気にしないと言ったのに…)
無事、飛行機が飛んで2時間半のフライトの後、那覇空港着!!
なんと義理の両親は約30年ぶりの沖縄!(新婚旅行で石垣に行ったのが最後だそう)
着いた早々青い海と空が向かえてくれましたわーい(嬉しい顔)晴れ晴れ
ナンちゃん、反れてくれて本当に良かった!!!

今回の旅は結婚式も兼ねているけど、お互いの親に沖縄旅行を楽しんでもらうのも目的のひとつなので、義理の両親は空港から美ら海水族館直行のバスに乗ってもらい、美ら海観光へバスダッシュ(走り出す様)ダッシュ(走り出す様)

私達はレンタカーを借り、まずは国際通りで結婚式の仕上げに使うギフトをいそいそ購入。福山ライブで品薄の中、何とか目当ての品をゲットexclamation
すごいね、福山。

カーナビ子に目的地をセットして、向かうは読谷リゾート、ホテル日航アリビラへexclamation ×2exclamation ×2
途中、サトウキビ畑の中で迷ったけど、何とかアリビラ着。
さすが、ハイクラスリゾート。
この旅を通して旦那と言ってたけど、とにかく館内がいいにおい。
スタッフがいちいち細かい気配り。
何かもうヨーロッパかどっかのリゾートにいるみたいなロケーション。
それだけでテンション上がる~グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

フォト
チェックインを済ませた後、私達は明日挙式をする教会で最終の打ち合わせ。
実は、初めて見たんだけど期待を裏切らない素敵な教会!
今年3月にオープンしたてで新しく、何もかもキラキラしてます。
フォト
到着が少し遅れたのにも関わらず、スタッフも笑顔で迎えてくれて、ほっと一安心ダッシュ(走り出す様)ダッシュ(走り出す様)

軽い最終打ち合わせの後は、私はヘアメイクリハーサル。
旦那くんは義理の両親を迎えに行き結婚式前夜はお互いの家族とともに夕食。

ちなみに私は母と、妹2人と女4人でホテルの中華のコースを食べましたウッシッシレストラン
結婚式前夜なのに(笑)
今回の列席者は本当にごく身内のみ。
旦那の両親と、うちの両親、妹2人に父方の祖母。私達夫婦を合わせても9名と本当に少数。
そのため、全員、教会に隣接するホテル日航アリビラに宿泊。
お互いの部屋を行き来できたりして、修学旅行みたい(笑)
父と祖母には沖縄寿司の食べ放題プランを用意していたため、この日の夕食は女4人でガールズトークに花を咲かせながらとなりました!!
普段は言えない(?)旦那のグチなんかを聞いてもらったりして、きゃっきゃしながら夕飯。
フォト
すでに南部を観光してきたという妹達と母の楽しそうな姿を見て、それだけで、この結婚式をして良かったと思うくらい。
普段、離れて生活しているからこういう一緒に過ごせる時間がすごく贅沢に感じました。
食事が済んだら、部屋に帰る前に父と祖母の部屋に寄り、祖母の入浴介助。
85歳と高齢の祖母は私の結婚式をとても楽しみにして沖縄まできてくれたので、何だか感慨深い。
中学の頃、何度も一緒にお風呂に入り、色んな話をしてくれた。
結婚式前夜にまたこういう形でばあちゃんとお風呂に入れたのも良かった。
ばあちゃんは昔より背中が丸くなっていたけど、やっぱりばあちゃんらしく、ガラス張りのおしゃれなバスルームが「落ち着かん!」と言ってたので笑った。
「何でこんなに何でも見えるようになってるのね?」
との事。確かに(笑)


少しだけ、父と母と妹と飲んで、旦那くんに電話。
旦那は夜の海辺を散歩してきたとの事。
まさか、結婚が嫌になったのか?と母がいぶかしんだため急いで部屋に戻る。普通にくつろいでいたので、安心(笑)

早めに就寝を心がけつつ花嫁の手紙の仕上げ。
実は那覇へ向かう飛行機の中で最終の文章を書き上げていたんだけど、文にいたるまでの親との具体的なエピソードを思い出すのがけっこう親孝行な時間なんじゃないかと思う。
書いている最中に何度も涙しそうになったのに、途中からなぜかAMEMIYAの「冷やし中華始めました」が脳内BGMになって困った。
最終的には福山の「家族になろうよ」で落ち着いたのは、やはり、沖縄に残っていた福山の熱の効果によるものなのか???

アリビラのホテルで波の音を聴きつつ、緊張で眠れないのを無理やり寝かす感じで結婚前夜終了。

ほんとは、のび太の結婚前夜的なパパコメントを父に期待したが、それは全くなく!やっぱりね!!(笑)
ソラユキ
Posted byソラユキ

Comments 0

Leave a reply